計画を立てたら、次は実行です。この実行がなかなかうまくいかない。
これは経営の原理原則を知っているか知らないかによるところが多いためです。

経営の原理原則を社長に学んでいただき、社長の戦略実力を高めていただき、
良い経営をしていただくようサポートさせていただいています。

その一環として、当社では金融機関に提出する経営改善計画書とは別に、
経営戦略を重視した社長用の経営計画書を作成していただいています。

経営の大事な部分を書いた経営計画書を常に見て、自社の経営を研究することで、
社長の経営戦略実力はみるみる上がり、会社の経営は良い方向へ行きます。

しかし、これは短期的に出来ることではなく、
サポーターによる3年以上の長期的なフォローが必要です。

そのため、当社では、モニタリングをして計画と実績の差を確認しながら、
経営がよくなり、業績が向上するよう力を入れております。

ただ、会社の経営をよくするのは社長の役目です。
われわれには直接はどうもできません。

謙虚で前向きで有り、将来像を達成したい社長の存在があってはじめて、
経営をよくしていくことができます。

福岡に拠点を置く当社は、地域の中小企業の繁栄のため、
社長と一緒に歩んで行きたいと思っております。