みなさん、こんにちは

キャッシュフロー・コーチの岡本です。


最近、商工会などで事業計画策定の相談を多く受けます。

これは、これから始まる中小企業庁の
補助金申請の用意が主な理由ですが、
補助金にしても、融資にしても、社内管理用だとしても、
事業計画の大事な構成要素は、
だいたい共通しているところがあります。

そこで、今回から、
事業計画の作成方法について
私なりに気づいたポイントを
お伝えしていきたいと思います。

ものづくり補助金は、商品・サービスの開発や
生産システムの開発までで話は切ります。
持続化補助金は、その商品やサービスの販路拡大や
顧客獲得のための話を書きます。
それぞれ事業計画の作り方が違ってきますが、
共通するところもあるので、
まとめてお伝えしていきます。


新規事業や既存事業からの発展した事業を例にとると
事業計画の骨組みは、次のとおりがいいと思います。
1.既存事業の説明
2.自社が直面する社会的課題の説明
3.自社ができる社会的課題の解消方法
4.その事業の取組内容
5.事業の協力体制
6.事業のスケジュール
7.事業を計画通り遂行した時に得られる効果効用
8.7.までの商品・サービスの開発の後の販路拡大計画
9.事業の利益計画、資金計画

詳しくは、次回以降のメルマガでお伝えしたいと思いますが、
簡単に説明すると次のとおりです。

まずは、事業計画のテーマや
プロジェクトの名前を付けた方がいいです。
事業計画が引き締まります。

1.既存事業の説明
 どこの誰に何をどのように価値を提供してきたか、
 説明していきます。
 そしてこの段階で、これまでに蓄積された
 ノウハウや技術の説明をしておきます。

2.自社が直面する社会的課題の説明
 時代が流れて行き、現在もしくはこれからの時代の
 社会的ニーズ、社会的課題、消費者の課題、悩み、
 の説明をします。
 そして、特定の社会的課題を選んだら、
 その市場の大きさを説明します。
 商売ができるマーケットがあるかどうか。

3.自社ができる社会的課題の解消方法
 自社の既存の商品・サービスでその課題が解消できればいいですが、
 解消できないときは
 新しく商品・サービスもしくは、
 販売方法の開発にチャレンジします。
 1.で説明した蓄積されたノウハウや、
 自社の強みを融合させて考えます。

4.その事業の取組内容
 商品の開発に新しく設備がいるのか
 材料を仕入れて商品を作るのか

5.事業の協力体制
 事業の責任者はだれか、社内スタッフは
 それぞれどのような役割を果たすか、
 社外の業者はどの役割をするか

6.事業のスケジュール
 4.の取組内容ごとに、時期を決めます。

7.事業を計画通り遂行した時に得られる効果効用
 この事業を行った結果、社会的ニーズに応えられて、
 消費者は満足した笑顔を見せてくれるのか。
 出来映えはどうか。

8.7.までの商品・サービスの開発の後の販路拡大計画
 商品開発や生産とは、分離して販路拡大計画を立てていきます。
 この事業で
 自社の強みを最大限に活かして、
 開発した商品・サービスの強みをいかして、
 どこの誰に、どのような客層に、どんな営業方法で売っていくか。
 
9.事業の利益計画、資金計画
 上記の事業で増加する売上高、費用、資産の金額を
 数値計画に落とし込みます。
 ここでやっと、財務の話になります。
 ここで、融資なら返済計画も立てて、
 充分に返せることを示すことが必要です。


説明は以上です。
補助金にしても、融資にしても、
大事なのは、この事業計画を遂行するのが楽しいかどうかです。

ワクワクするものであるか。
補助金や融資が出なくても、
それに頼らず、事業計画をやれるかどうかです。
補助金や融資は出たらラッキーと思うくらいが
判断を誤らなくて済みます。

このような考え方が長期的に持続可能な経営が実現でき、
経営計画に基づいて、創意工夫のある経営ができるのだと思います。

私は経営計画は事業計画よりも広い概念で捉えています。

私はキャッシュフローコーチとして
経営者の経営計画の立案を支援し、
その計画の修正がないか、順調に進んでいるか
伴走支援をしています。
PDCAを回していくお手伝いです。

詳しくは、下記の弊社サイトを参考にしてください。

売上計画や資金計画は、
エクセルでちょちょいと作成すればいいですが、
その数値を実現させるためのストーリーやシナリオが必要です。
どこの誰に何をどのように・・・
といった財務の数値を裏付けるストーリーです。

これに役立つのがランチェスター経営戦略です。
経営の大事なところを体型的にまとめているので、
この理論をもとに経営計画を作ると
とてもいいものができます。


ビジョンにつながるワクワクを!

楽しい計画ができて、
ビジョンが実現していくといいですね。