竹田陽一先生のユーチューブ
早解り・ランチェスター戦略入門
以下ユーチューブでの説明を引用します。

経営のやり方については、マーケティングやマネジメントをはじめとして、MBAやリーダーシップの進め方など、ほとんどが、アメリカで考えられたものです。しかもその内容は、従業員が3000人とか5000人、場合によっては1万人以上いる会社がモデルなのです。そのため企業数の98%を占める従業員100人以下の社長には、役立たないところが多いことを知っていますか。
これに対して日本で独自に発展したランチェスター戦略は、従業員100人以下の社長にとても役立ちます。中でも競争条件が不利な会社が、業績を良くする方法の弱者の経営戦略は、従業員100人以下の社長には特別重要な経営のやり方になります。
ランチェスター戦略については、すでに本を読んだり講演会に参加して研究された方が多いでしょうが、復習の意味で見てもらえれば幸いです。